おすすめのゲイサイトランキング最新版

おすすめのゲイサイトランキング最新版

オススメするゲイサイトランキングの最新情報を活用していい出会いをしよう!!ゲイ同士の出会いをサポート致します。

ゲイのパートナーに対してのつき合い方とは

ゲイ歴が長くなれば、10年以上交際している方達も多い様です。

しかしこのゲイ達は身体と心は別物と認識している方達も多く、その相手以外の方ともエッチをしているのです。

ゆえにその相手には、身体での浮気も認知してあげ、あまり拘束する事無くそれ相応の距離感での付き合いをするのが大切になってきます。 また反対に、その身体は許可しても、その心は相手オンリーになってくるのです。

このゲイ達のカップルは普通の男女のカップルと比較しても、心の奥深くそれこそ頑丈な繋がりがあるのです。

「自らは普通では無い」などの性に対しての葛藤により、お互い傷つく様な恐怖感を覚える事により、その相手の気持ちを理解して物事を考える事が可能になっているので、誰よりも精神的な繋がりを重要視する事が出きるのです。

この様にゲイ達は、それなりに悩みが多い方もいるのです。それは例えば性についての葛藤。

既婚の方達の同性愛者。

周囲の人間達にカミングアウトする事が出来ない。

とても辛い体験等。

自らの性に対しての違和感。

家庭は大事にしたい、また子供や妻への愛情があるのに、やはり男性しか愛す事が出来ない。

ゲイと言う事を職場や家族に対してちゃんとカミングアウトしてみたいのですが、気付かれれば今までの付き合いも出来なくなる。

何も問題が無い様に見えますが、周囲の環境がよくなかったり、また嫌な過去があるのでなかなか落ち着いた気持ちになれない。

などです。そう言う悩み事はとても簡単に解決する事も無く、双方とも協力し合ってそれぞれの信頼関係をよくして、ちょっとでも不安を解消できる様なに支えていくのがいいのです。

現実にゲイ達と出会いより親密な交際に至るまで

エッチのみを目的としていないゲイ達にしてみれば、このSNSサイトによっての出会いや、何回も個人的なメールのやり取りをしていれば、現実に会う時までにとても多くの緊張感も出てくると思います。

相手の方に好かれたい、また会った後に幻滅されるかもしれないと言う様な不安感は、男女達の恋愛と同様になってきます。

ですので相手と行うメールをずっとしていたいと言う様な気持のせいもあり、文の終わりに?を付けたり、また絵文字や顔文字やなどによって工夫したりしたメールになってくるのです。

また実際の会話の時も、楽しい感じを漂わせる事も大切になってきます。

またメールに飽いた時は、電話若しくはテレビ電話もいいかもしれません。

すぐにエッチを求めてこないゲイ達の恋愛と言うのは、普通の男女間の恋愛と同じになってきます。

出会いと言うのは、それなりのペースと言うものがあります。即出会って即ヤルゲイ達もいたり、また交際を大切にしているゲイ達もいるのです。

要するにその出会いから交際に進展させてみたいのであれば、「彼氏を募集しています」などとプロフに記載している相手を見付けるのもいいかもしれませんね。

こう言う相手はその理想も高く無く、また外での出会いよりも、ネットを介した恋愛を希望している事が多いので、メールを多く送ってアクセスするのもいいかもしれませんね。

そしてこのゲイ達の交際の先にエッチが出てくると言う事でも無く、要するにエッチは誰でもいいのです。

ですので身体と心は別物になってきます。エッチをやりたいと言う事で情がすぐに湧くのも困りものになります。

反対にヤリ捨て行為もよくありますので、エッチをしていない時、その時はお茶だけでも自らとの時間を作ってくれたり、また心の繋がりを大事にしている相手であれば、それなりにチャンスは出てくるのです。

最新情報

大胆なエッチな会話

ゲイ達の間においては、男女の間では比較できない程大胆なエッチな会話が行われています。
男女達が性に対してとてもオープンになっているので、自らもエッチな話をする事は当然の事になっており、またその相手もその事を了承している事
も多くなっていのます。そして現実に会う前の段階において、「最近いつオナニーしたの?」また、「ペニスの写真送ってよ?」等の会話もとても
多くなっています。またこちらから要求していないのに、あちから勝手に自らのエッチな写真を送りつけて、その感想を言って興奮する事もあります。
この様に直接的なエッチな会話と言うのは、ゲイ達の間では当然の様になってすいますので、それらに対してこちらも積極的になる事が大事なのです。
仮に断る時でも、「大丈夫?」などのきつい言い回しでは無くて、ゲイ達自身に合致させて、「私には無理かな…」程度の様な言い方をして下さい。
また実際に会う時までに面倒なのが、このゲイ達のエッチに対して”萌え”の気分を感じている「腐女子」なる女性の存在なのです。
ゲイ達にしてみれば、この腐女子は一番の敵になります。
性を装って、ゲイ達に成り切ってこのSNSサイトへと潜り込み、そこでは同性愛者になって男達のこの恋愛を見ている行為は、ゲイ達の純粋な心に土足で
入っていく様なものなので、これは侮辱になってきます。
もし今後も仲良くしていきたい相手がこの腐女子であれば…。
普通の男性らしさも無く、また送信してきた写真が何か怪しいものであったり、また現実に会う事を拒否したりしていたら、腐女子で無いかをよく確認して
おいて下さい。

ショタ専のオジサマからして貰った逆援助

私が高校1年生の時はその規制も強く無く、それゆえ出会いサイトでの掲示板を利用して、ショタを好いているオジサマからからお金の援助をして貰った
事があります。しかし私は当然の様にフケ専と言う事では無くて、どちらかと言うと触れられる事自体嫌な方で、行為の時はエッチの素振りをしていたのです。
そのオジサマはだいたい50歳前後の方でした。
彼はショタコンの方で、20以下の方しか興味が無い事を言っていました。
少し弱気な方の様で、それ以外はそんなに問題ありませんでしたが、見た目がちょっと不潔程度でした。
その部屋にはゴキブリ等の虫たちがたくさんいました。
そして年取ったゲイ独自である「仕方の無い様な」感覚がありました。
その辺が要因となっているのか、そんなにモテる様でもありませんでした。また田舎と言う事もあり、私ぐらいしか相手にして貰えないと言う事でした。
彼は1週間に6日、田舎にある工場で仕事をしていました。
毎日同じ様な生活に飽きていた様です。
その時はお金を支払ってでも、とても若い相手が欲しかったのかもしれませんね。
共に食事やカラオケに行き、彼の部屋でゲイ専属のビデオ鑑賞をさせられました。
その彼が掲示板へと「¥(援助)希望」と記載していたので、会う事に5000円、また嘘の誕生日の日は、3万円くれました。
私はバイトなどしてなかったのでそんなにお金も無く、彼の援助は助かりました。
その彼との関係はおよそ3ヶ月程度続きましたが、徐々に悪気も出てきた様で、彼もずっと身体等を触る事を許可しない私に対してその態度も冷たくなりました。
そして、「転校します」などと言ってその関係を終了しました。
その後も何回か彼はその掲示板に書き込みをしていましたが、その投稿のタイミングが悪い事もあり相手を見つける事が出来なかったみたいなのです。
その後私も大人になりました。そしてもし彼に会った時は「その当時はごめんなさい」と言ってセックスしてみたいなと思いました。
これは私の青春の頃の思い出です。

ゲイ達との出会いに対しての注意点

ゲイ達との出会いにおいて気を付ける事は、エイズ等の病気になってきます。
それは見た目では分からないので、本人達よりその病気を聞かない限りこちらの判断も出来なくなります。
とても信頼のある相手であっても、ちゃんと陰性の検査結果が分かるまで、病気に対しての感染予防が必要になってくるのです。
ゲイ達はとても多くのエイズ感染者がいるにも拘わらず、出会った後に即エッチをするパターンも多く、また生でする事もある様です。
ついその場の雰囲気に負ける事無く、自らの身体を守る事も大切なのです。
「ゲイ狩り」なるものがあります。
これはゲイ達による出会いが、このネットの中でとても多くある事を利用して、ゲイ自身に成り切って実際に会う事によって、事情が分からない
ゲイ達を脅かして、金品を巻き上げると言う手法になってきます。
これは例えば超ドMのゲイをある場所で全裸にし、また目隠しと手錠を用いて、興奮状態にさせている内に、金品を奪うと言う事件が発生しました。
一体その彼はどの様にしてその状態から脱する事が出来たのか?
金銭、精神面両方によってその彼はとても多大なダメージをくらったと思います。
またノンケ達が集団によって、ある一人のゲイを脅して金品を奪う事例もあります。
2000年に現実にハッテン場でのとある公園において、ノンケ少年達のゲイへの盗殺人事件も発生しています。
仮にこのゲイ達は被害者であったとしても、その偏見のせいで警察にも行きにくい。
また事件が明るみになって、友達や家族達に自らが同性愛者と言う事が分かるのが嫌なのです。
少年達はそれを狙っているのです。
素敵な出会いを、この病気や犯罪の為に台無しにする事が無い様によく注意して下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ